紫外線による肌荒れ…美肌を保つためにやるべき事と注意点|美容ダイエット口コミ評価サイト│美脚計画

紫外線による肌荒れ…美肌を保つためにやるべき事と注意点

?こんな人におすすめ
・紫外線が気になる方
・日焼けをしたくない方
・紫外線について知りたい方

この時期は紫外線が非常に強い季節です。
この紫外線を浴びると肌にどんな影響が出るのでしょう?

今回は紫外線による肌への影響や、予防方法などを紹介します。

紫外線とは?

紫外線にはA波(UVA)B波(UVB)C波(UBC)の三種類があります。
この三種類は波長の長さが違うため、肌に及ぼす影響も違います。

A波(UVA)

全体の紫外線の90%以上を占める

紫外線の中でもっとも波長が長いため、肌の奥の真皮まで到達します。
この紫外線は、肌に急激なダメージを与える事はありませんが、浴びすぎると肌にシミやシワが増えてきます。
また肌の弾力が失われることもあります。

室内にも届くため注意が必要です。

B波(UVB)

全体の紫外線の約10%程度。

このB波は、肌の表面に急激にダメージを与えます。
太陽を浴びすぎて炎症を起こしてすぐに赤くなったりするのはこの影響です。
また肌表面の細胞やDNAを傷付けるため、皮膚がんの原因になると言われています。

一部がオゾン層に遮られます。

C波(UVC)

全てオゾン層に遮られ地表に届く事は無い。

C波は基本的にオゾン層に吸収されます。
波長が短く物質を通過しにくいためです。
またオゾンホールの影響で、北極や南極は地表まで届いています。

三種類の中で非常に強力なエネルギーを持っているため、短時間浴びるだけでも皮膚に大きなダメージを与えます。

紫外線を浴び続けると?

紫外線を長年浴び続けると、肌の老化が進みしみやシワ、肌の弾力の低下などの症状があらわれます。
前述で述べたA波(UVA)が肌の奥にダメージを与えるためです。

さらにB波(UVB)は、肌の表面にダメージを与えるため、細胞を守るために体内で、幹細胞因子のSCFやエンドセリンが放出されます。
これが色素細胞のメラノサイトを活性化して、シミのもとになるメラニンの生成を促してしまいます。

紫外線を予防するには?

紫外線は夏でも冬でも一年中地上に降り注いでいます。
予防は夏だけでなく、一年を通して行うことが重要です。

予防①日焼けアイテム

まず簡単に実践できるのが、帽子やサングラス・日傘などのアイテムを着用することです。
おしゃれなアイテムを選べば、紫外線も予防できてオシャレにも見えます。
また運転する際に、ひじの部分まで隠れる手袋などを着用するのもおすすめです。

予防②日焼け止め

日焼け止めを塗ることで、紫外線のダメージを軽減してくれます。
毎日丁寧に塗るだけで紫外線を予防出来ます。

日焼け止めを選ぶ際は、SPFの数値とPAの数値で選ぶとよいでしょう。
SPFは10~50+まであり、50+は非常に強い紫外線を予防出来ます。
PAは+の数で決まり、最大4つまで+がつきます。
屋外など日差しの強い場所に行く場合は強力な日焼け止めを選ぶようにしましょう。

予防③ビタミン補給

美肌に働く栄養素「ビタミンB群」を体内に取り入れるようにしましょう。
このビタミンB群が足りなくなると、紫外線の影響を受けやすくなるため日ごろから摂取することが重要です。

紫外線アレルギーとは?

紫外線による日焼けの肌荒れの他に、紫外線アレルギーがあります。
日光アレルギー・日光過敏症・日光皮膚炎などがあり、大して紫外線を浴びてないのに皮膚が腫れたり、赤みを帯びたり、湿疹ができるなどのアレルギー反応を起こしてしまうことを言います。

紫外線アレルギーの症状

赤みを帯びて腫れる
じんましんが出る
湿疹ができる
水ぶくれになる
充血する
涙が出る

これらの症状が出ると要注意です。
そしてこの症状は、花粉症などと同じように一度、アレルギー反応が出てしまうと完治が難しいと言われています。
今までは大丈夫だったのに…突然アレルギー反応が現れるのが紫外線アレルギーの怖さです。

紫外線アレルギーが起こる原因

内因性 花粉症のように体の中に抗体が作られ、一定量を超えたために起こるアレルギー症状です。
突然発症し、一度発症してしまうと完治が難しいと言われています。
外因性 化粧品や日焼け止めの中に光を吸収する性質があるものがあり
それによって起こるアレルギー症状です。

外因性であれば使っている化粧品などを変えるなどの対策ができますが、内因性の場合は薬や日焼け止め、日焼け対策を行うなどの対策が必要です。

紫外線アレルギー検査

冒頭で説明した三種類の紫外線。
この中で、どの紫外線にアレルギー反応が出ているかを調べるための「光線過敏試験」を行います。

外因性が疑われる場合は、「光パッチテスト」を行いどの成分でアレルギーが出ているか調べます。
その他にも「血液検査」で、病気などの影響でアレルギー反応が出ていないか調べる方法があります。

紫外線アレルギーが起きた時の対処方法

抗アレルギー薬やステロイド薬剤の飲み薬
非ステロイド性抗炎症外用剤などの塗り薬

などを処方してもらう必要があります。

まとめ

紫外線による肌荒れには、紫外線の浴びすぎや紫外線アレルギーが原因ということが理解できたかと思います。
美しい肌を保つためにも、しっかりと紫外線対策を行い、10年経っても20年経っても若々しい肌を保てるように…

日差しも強い猛暑日が続きますが、しっかり対策を行うようにしましょう♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー