乾燥性敏感肌を原因から知って治す!特徴や症状、スキンケア方法を解説|美容ダイエット口コミ評価サイト│美脚計画

乾燥性敏感肌を原因から知って治す!特徴や症状、スキンケア方法を解説

こんなお肌の症状に悩んでいませんか?

「化粧水や乳液がしみてヒリヒリする」「服の生地が合わず肌がちくちくする」「肌の乾燥で粉がふきやすい」「化粧品が合わない」「年中乾燥しっぱなし」

乾燥が気になって保湿に気を使っているけれど、保湿クリームでさえもしみる・・・。そんな敏感肌だけではなく、乾燥肌も一緒に持っている肌質を”乾燥性敏感肌”と呼びます。名前通り、「敏感肌」と「乾燥肌」の2つの肌質を併せ持った肌のことです。この状態を放置していると、乾燥はますます悪化し肌も弱くなっていく一方です。”乾燥性敏感肌”の原因から知り、そして上手く改善していきましょう。

 

乾燥性敏感肌とは?

 

乾燥性敏感肌とは、乾燥が原因で肌の角質層に隙間ができどんどん水分が蒸発してしまい、バリア機能が低下してしまっている状態の肌のことを言います。バリア機能が低下した肌は刺激に弱くなり、更に乾燥が進んで敏感になっていきます。

つまり、乾燥が肌を傷付け、更に乾燥を呼ぶ・・・という悪夢のような状態。

乾燥性敏感肌は、「乾燥」から始まります。肌の一番外側には、薄い角質層があります。この角質層が、外部からの刺激を守り水分が蒸発するのを防ぐバリア機能の役割があるのですが・・・この角質層は、乾燥・肌の摩擦・紫外線・間違ったスキンケアなどが原因で乱れてしまいます。これが乱れると角質層がボロボロになり、隙間から水分が蒸発して更に乾燥を引き起こしてしまうのです。

放置をしていると、肌は荒れる一方です。原因から解決して、少しでもこの面倒な肌質を改善しましょう!

 

こんな症状があれば乾燥性敏感肌かも?

こんな症状はありませんか?

・いつもの化粧水がしみてピリピリする
・化粧品がしみてピリピリする
・汗や洋服でかぶれたり痒くなったりする
・乾燥して粉をふく
・入浴後、肌がつっぱる感じがする
・紫外線にあたると赤くなる
・季節関係なく乾燥している
・ニキビができやすい

1つでも当てはまれば、それは乾燥性敏感肌かもしれません。十分に対策をする必要があります。

 

乾燥性敏感肌を引き起こす原因

乾燥性敏感肌は、乾燥などからくる「バリア機能の低下」が原因で起こります。では、そのバリア機能が低下する原因は一体なんなのか?

・クレンジングや洗顔による皮脂の落とし過ぎ
・合わない化粧品を使い続けている
・暖房や冷房による乾燥
・不規則な生活習慣や食事
・睡眠不足やストレス
・日焼けなどによる紫外線
・季節の変わり目などの寒暖差

と、考えられる原因はこんなにもあります。直接肌に浸透させる化粧品・化粧水だけではなく、自身の生活習慣も肌に大きく関わってくるんです。

 

乾燥性敏感肌を改善する

それでは、上記で説明した原因に沿って改善方法を解説していきます。

 

洗顔方法を見直す

乾燥性敏感肌を引き起こす原因の一つに、皮脂の落とし過ぎがあります。肌に優しい正しい洗顔方法を心がけましょう。

クレンジングは、滑りのいいクリームタイプを選び、ゆっくり1~2分マッサージするようにメイクを落としましょう。シートタイプは肌を擦る刺激があるので、敏感肌の人は避けた方がいいでしょう。

メイクを落としたら、洗顔料をしっかり泡立てから洗顔します。泡立てずにゴシゴシ擦るのはNGです。面倒くさがらずにふわふわに泡立て、泡で洗うようにやさしく顔を撫でるようにしましょう。

あとは、洗い残しがないようにぬるま湯できれいに泡を洗い落としてください。高温すぎると、顔の皮脂を奪い乾燥を呼ぶことになるので注意してください。

洗顔ポイントまとめ

・最初にやさしく水ですすぐ
・泡立てはしっかりと行う
・擦らない
・小鼻や唇の下もしっかり優しく洗う
・32℃くらいのぬるま湯で
・タオルで拭くときは擦らず優しく叩くように

顔は、シャワーついでに40℃以上のお湯で洗いがち。それでは皮脂を落とし過ぎてしまうので、顔を洗うときは温度低めを意識して洗いましょう。

 

化粧品・化粧水を選ぶポイント

乾燥を防ぐために化粧水、乳液、クリームを使って保湿するのが大事。だけど、その化粧水でさえしみてピリピリする!ということがよくありますよね。肌が乾燥していると、化粧水がしみることがあります。また、化粧品が合っていないという可能性もあります。

乾燥しているときに刺激のある化粧品は避けるようにしましょう。中でも「アルコール」が含まれている化粧品はやめましょう。アルコールは「エタノール」と表記されており、清涼感・抗菌作用があることからよく使われます。また、合成着色料や合成香料が含まれている化粧品も敏感肌に刺激を与える成分の一つです。化粧品の表記に注意して選ぶようにしましょう。

基本的には敏感肌用のものを使っていれば問題ありません。敏感肌用のものでさえしみる!という人は、いくら化粧水・乳液で保湿しても治らないような乾燥肌になってしまっている証拠。そういう方はスキンケアではない部分が原因で乾燥が治っていないのかもしれません。

 

生活習慣の改善

睡眠不足、偏った食生活、ストレスなどは肌荒れの原因としてもよく聞きます。これらが原因で、乾燥性敏感肌になることもあります。

生活習慣や食生活は急に直すのは難しい部分ですが、放置をすると自身の肌もどんどんボロボロになっていく一方です。

睡眠ですが、肌に必要な睡眠時間は最低でも6時間。睡眠は、高いスキンケア用品や美容サプリを摂取することよりも重要です。逆に言えば、良質な睡眠さえ取っていれば肌のバリア機能は維持し続けることができます。

また、ジャンクフードや甘いものばかりの偏った食生活も肌へダメージを与える原因。野菜や果物をなるべく摂取するように・・・とは思うけれど、なかなかすぐに改善できないですよね。こういうときは、野菜や果物の栄養素を一気に簡単に摂取できるサプリメントに頼ってみてもいいかもしれません。

オススメのサプリはこちら。必要な栄養素だけでなく、腸内環境改善の効果もあるので肌荒れにピッタリです。

ニュースルスルこうそ うらら酵素
詳細はこちら 詳細はこちら

 

ストレスや食生活の乱れなどが溜まりに溜まり、なかなか肌荒れ・乾燥肌体質から抜け出せていないのかもしれません。そんなときは、酵素ファスティングで一度身体をリセットしてみるのも手かも。酵素ファスティングは手軽にさっぱりと体の毒素を排出させる方法のひとつです。

▶酵素ファスティングのやり方・注意点はこちら

 

まとめ

乾燥性敏感肌の人は以下のことに気を付けましょう。

・洗顔方法
・化粧品選びは刺激の少ないものに
・睡眠時間の確保
・食生活の改善
・思い切ってファスティング

肌荒れや肌トラブルは、基礎的な生活習慣や洗顔方法が原因となっている場合が多いです。高い化粧品を使ってケアするのももちろん効果はありますが、まずはできるところから見直してみましょう。

上にも書きましたが、溜まった毒素を一気に排出させて肌荒れを改善させる酵素ファスティングを行うのも一つの手です。酵素ファスティングは準備するものが少なく簡単にとりかかることはできます。

乾燥性敏感肌は、放置すると乾燥以外の肌トラブル(にきび、ガサガサ)を引き起こします。保湿をしっかりと意識し、正しい洗顔方法や生活習慣に気を使いながら綺麗なお肌を取り戻しましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー