慢性的な頭痛の原因は?偏頭痛と緊張型頭痛の違いは?改善方法を解説!|美容ダイエット口コミ評価サイト│美脚計画

慢性的な頭痛の原因は?偏頭痛と緊張型頭痛の違いは?改善方法を解説!

 

「頭痛が酷くて鎮痛剤が手放せない」「気圧で頭が痛くなる」・・・など、頭痛に悩まされることってありますよね。
頭痛で悩んでいる人は、全国になんと3000万人もいると言われています。

なんだかんだ頭痛と長く付き合ってはいるけれど、原因が分からないまま鎮痛剤を飲んで治めてしまう人もいるでしょう。そんな慢性的な頭痛は、もしかすると原因から治すことができるかもしれません。

 

頭痛の種類

頭痛には、大きく分けて3つの種類があります。

・偏頭痛
・緊張型頭痛
・群発頭痛

それぞれ発症する原因も異なるので、自分の頭痛を見極めて治していきましょう。

 

偏頭痛

女性ホルモンと関連するため、20代~40代の女性に多く起こる頭痛のタイプです。ズキンズキンという拍動性の痛みが頭の片側(両側)に起こるのが特徴です。血管が異常に拡張することが原因で起こる頭痛です。

✓偏頭痛の症状
・月に1,2回起こる
・頭の片側に起こりやすい
・ズキンズキンと拍動性の痛み
・支障が出るほどの痛み
・頭を動かすと痛みが増す
・吐き気を伴う
・光や音に敏感になる

 

緊張型頭痛

男女ともに起こり、頭痛の大半がこのタイプ。頭の筋肉が収縮し、締め付けられることで起こる頭痛。頭全体が持続的にグーッと締め付けられるような痛みが特徴。デスクワークやパソコン画面を長時間見続けている人などに起こりやすく、「ストレス頭痛」とも呼ばれています。

✓緊張型頭痛の症状
・月に何度も起こる
・頭痛は30分~7日間ほど続く
・頭全体が鈍く痛む
・グーっと圧迫されるような持続した痛み

 

群発頭痛

20代~30代の男性に多い頭痛です。1年に1~2回の周期で、発症すると1か月間、ほぼ決まった時間に痛みが起こります。日常的に起こりうる頭痛の中では一番痛みの強い頭痛と言われており、目の奥を抉るような激しい痛みが特徴。この頭痛も、血管が過度に拡張することが原因と言われていますが詳しくは分かっていません。

✓群発頭痛の症状
・夜間、明け方に起こる
・1か月間、毎日決まった時間帯に起こる
・年に1,2回おきに起こる
・片方の目の奥に激しい痛みが起こる
・涙が出る、目が充血する

 

偏頭痛と緊張型頭痛の見分け方

群発頭痛は症状が特徴的なのですぐに判断ができますが、偏頭痛と緊張型頭痛の症状は似ているので判断が難しいでしょう。酷い場合は医師に診てもらうのが一番ですが、偏頭痛と緊張型頭痛の違いは以下になります。

偏頭痛 緊張型頭痛
・月に1,2回起こる ・月に10回以上起こる
・頭の片側(稀に両側)が痛む ・頭全体が痛む
・ズキズキとした拍動性の激しい痛み ・グーっと締め付けられるような鈍い痛み
・身体を動かすと痛みが増す ・歩行や階段など日常的な動作で痛みは悪化しない
・光、音に敏感になる ・光と音、あってもどちらか一方に敏感になる
・吐き気を伴う場合が多い ・吐き気は伴わない

 

頭痛のタイプに合わせた改善方法

頭痛を感じたら、すぐに鎮痛剤を飲んでしまう・・・。痛みを和らげる方法としては手っ取り早いですが、鎮痛剤を飲み続けるのも身体に良くありません。頭痛を治めるのではなく、頭痛が起こらないように改善をしていきましょう。

 

偏頭痛を改善する

偏頭痛は、様々な原因が考えられます。まずはその原因を見つけ、対処していくことが大切です。

偏頭痛が起こりやすい人は、偏頭痛を誘発しやすい食べ物はなるべく避けるようにしましょう。

✓頭痛を誘発する食べ物
・アルコール飲料
・ベーコン、ソーセージ
・チョコレート、ココア
・チーズ、ナッツ
・スナック菓子
・カフェイン(コーヒー、紅茶)

光過敏で頭痛が起きてしまう人は、サングラスをかけることで予防することができます。

気圧や天候で頭痛が起きてしまうのは、自律神経が原因と言われています。自律神経は規則正しい生活を心がけることで改善することができます。思い切ってファスティングなどで身体をリセットするのもいいかもしれません。

偏頭痛が起きてしまったら…

どのような対処をしても頭痛が起こってしまう場合もあります。頭痛が起こってしまったら、暗い部屋で安静にすることで痛みを軽減することができますが、仕事中などどうしようもないときは薬に頼りましょう。

 

緊張型頭痛を改善する

緊張型頭痛は、パソコンを長く使うデスクワークや目の疲れ、肩こりが原因で起こります。また、精神的なストレスに弱い人もこの緊張型頭痛が起こりやすいです。いずれにしても心身を休めることが大事になるので、まずは薬を飲むのを止めてストレッチや運動をしてみると改善するかもしれません。ゆっくり入浴したり、ストレスを溜めないのが一番効果があります。

姿勢や骨盤、肩こりが原因になることもあるので、普段から姿勢を心がけることも大切!酷い人は一度整形外科に行ってみるのも良いかもしれません。

緊張型頭痛は一番起こりやすく、また痛みも3つの頭痛の中では軽いタイプです。すぐに薬に頼らず、休める時には身体を休めて改善させていきましょう。

 

群発頭痛を改善する

群発頭痛は、原因が分からない頭痛の一つです。血管が膨張して起こる頭痛と言われているので、なるべく飲酒・喫煙を避けるようにしましょう。また、群発頭痛は一度起こってしまうと鎮痛剤などで治めることができません。病院でトリプタンという注射を行ってもらうことで痛みを軽減することができます。

 

まとめ

日常的に起こりやすい偏頭痛・緊張型頭痛は、自分の生活習慣や食生活が原因であることが多いです。すぐに鎮痛剤に頼るのではなく、日頃から規則正しい生活を送るように意識をして、適度な運動を心がけていればずっと悩んでいた慢性的な頭痛を改善することができるかもしれません。ファスティングなどで身体をリセットするのも手段の一つ。

酷い慢性的な頭痛は、放っておいていい頭痛ではなく脳の病気である可能性もあるので、いつもの頭痛だからと放置しないように注意してください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。